長所
信頼できる長期になる使用寿命
主な工場では,より安いカーボン・スチール類管路を使用して,圧縮空気を輸送しております.
鉄錆は下流に繋いている精密空圧工具,シリンダー,空圧バルブ等に極大な損害を及ばす可能があります.
主な場合,末端にF.R.Lユニットを追加して,有害な固体異物を濾過していますが,こんな固体異物により F.R.L ユニットの圧力消耗が増加するとともに、より多いエネルギー使用が増加する一方であります.
エアー・パイプで,空気品質を保証
陽極酸化処理したエアー・パイプのアルミ・パイプは後処理設備から使用点間に空気品質が輸送管路 による二次汚染が発生しないことを保証します.
時間流れにより発生する汚染する恐れを除去します.
清潔なシステムは下流設備及び製品品質を保護します.
圧縮空気の使用点前にフィルタ追加設置する必要のない手間を防止します.
管路の使用寿命を延長します.
滑らかで,清潔なアルミ・パイプの内,外面と高流通量のコネクター設計は既存,伝統的なカーボン・スチールを溶接システムと比較して,流通抵抗は勿論,気体損失及び管路壁に錆と腐食による二次汚染等の方面でも極大な改善があり,エネルギー消耗と間接的に発生する損失を削減します.
伝統的な管路システムと比較して,漏洩がなく,優れた使用寿命を保証します.